入れ歯~義歯~

合わない入れ歯でガマンしないでください

合わない入れ歯でガマンしないでください

入れ歯は、お口にしっかりと合っていれば、痛みやずれなどのトラブルは生じません。しかし「入れ歯はこんなもの……」とガマンされている方は、実に多いのです。

練馬区の歯医者「大泉学園三丁目歯科」では、一人ひとりのお口に合った快適な入れ歯づくりを行っています。自費診療だけでなく保険診療であっても、つくり方によって咬める入れ歯をつくることができます。合わない入れ歯でガマンせず、一度当院までご相談ください。

入れ歯が合わないことによるデメリット

合わない入れ歯を使い続けていると、以下のようなさまざまなトラブルを招くことがあります。

粘膜のトラブル 入れ歯が強く当たる部分があると、粘膜は「床ずれ」のような状態になり、「褥瘡性潰瘍(じょくそうせいかいよう)」が招かれることがあります。
歯ぐきのトラブル 歯ぐきに負担がかかり、「義歯性繊維腫(ぎしせいせんいしゅ)」という繊維製組織が増殖したり、歯ぐきがこんにゃくのようなブヨブヨの状態になったりすることがあります。
まわりの歯への負担 部分入れ歯が合っていないと、残っている健康な歯に負担をかけ、その歯の寿命を縮めてしまうことがあります。
顎関節への負担 顎関節にかかる力が偏り、傷めてしまうことがあります。
顎の骨のやせ 顎の骨に咬む力が正しく伝わらず、やせてしまうことがあります。

歯みがき粉で入れ歯をみがかないでください

歯みがき粉で入れ歯をみがかないでください

入れ歯を、ふつうの歯みがき粉でみがいている方がおられます。しかし、これはすぐにやめていただきたいことだといえます。

なぜなら入れ歯は天然歯よりやわらかい素材でつくられており、歯みがき粉に含まれる研磨剤によって、表面が傷ついてしまうからです。できた傷にはカビや細菌が繁殖し、不衛生な状態を招いてしまいます。

歯みがき粉で入れ歯をみがかないでください

また、そうやって生じたお口の中のカビや細菌が誤えん(誤って飲み込むこと)によって肺に取り込まれれば、誤えん性肺炎を引き起こす原因になるなど、全身にも悪影響を与えることがわかっています。入れ歯は、入れ歯専用の洗浄剤を使ってお手入れすることが大切なのです。

ニーズに合わせた入れ歯の種類

レジン床義歯
レジン床義歯 保険診療の入れ歯です。床部分はレジン(歯科用プラスチック)でつくられ、厚みがあります。
メリット
  • 費用を抑えられる
  • 製作期間が短い
  • 修理しやすい
デメリット
  • 床が厚く装着時に違和感がある
  • 硬い物が咬みにくい
  • 耐久性が低い
金属床義歯
金属床義歯 自費診療の入れ歯です。床部分は金属でつくられているため、薄く、軽いのが特徴です。
メリット
  • 床が薄く、装着の違和感が少ない
  • 食べ物の温度を伝えやすい
  • 汚れが付きにくい
  • 割れにくく、変形しにくい
デメリット
  • 顎の骨がやせると合わなくなる
  • 金属アレルギーのリスクがある
ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー 金具を一切使わない部分入れ歯です。
メリット
  • バネがないため見た目が自然
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 歯の状態によっては使用できない
マグネットデンチャー
マグネットデンチャー 残っている歯根と入れ歯の内側に磁石を取り付け、強力な磁力で固定する入れ歯です。
メリット
  • しっかり固定され咬みやすい
  • 見た目がすっきりする
  • 取り外しできるため、お手入れしやすい
デメリット
  • 神経を取り除いた歯にしか適用できない

大泉学園三丁目歯科への ご予約はこちらから